Intel > カスカディア

カスカディアの歴史

理想郷への夢と内戦。 独裁的企業家とそれに激しく抗議する者たち。 カスカディア国には豊かで動乱に満ちた歴史がある。 以下に最も重要な出来事のあらましを述べよう。

Intel > カスカディア

カスカディアの歴史

理想郷への夢と内戦。 独裁的企業家とそれに激しく抗議する者たち。 カスカディア国には豊かで動乱に満ちた歴史がある。 以下に最も重要な出来事のあらましを述べよう。

オムニスタット時代

オムニスタット時代

大回帰からオムニスタットは誕生した。 全住民が平等で、全生産物が共有され分かち合われた古代ユートピアや階級のない社会の物語に着想を得たオムニスタットは、すぐに遠隔の居住地と生き延びた街の大半を飲み込んだ――時に平和的に、時にそうでない方法で。 一部の者はオムニスタット式の生活を拒み、最後まで抵抗して多くの対立や疑念が生まれた。

それでもその歩みが止まることはなく、古の考えが再評価され、新しい技術が開発された。 徐々にそして無情に、大回帰を忘れた文明は自ずと再建を始め、人々が小さな居住地を捨てて都市部に移住したことでオムニスタットの街は急速に成長した。 昔の戦争で荒らされたグレイランドの一部が再び耕され様々な成功をもたらし、人口は大幅に増加した。

クルーガーの反乱

クルーガーの反乱

クルーガー家は古代から続く一族の1つであった。 誇りと蓄積した知識の一部をも保ちながら、戦争と大回帰を生き延びた。 オムニスタットが権力を握ると、その支配を受け入れ、成長する政党内における重要な地位を確保した。 しかしオムニスタットが基盤とする哲学を本当に受け入れたわけではなく、数十年が経過するとクルーガー家は劇的な変化をもたらそうと計画し始めた――文明が本当の意味で前進するには根本的に異なる社会、自由企業と個人実績に基づく社会を作る必要があると。これは政党にとって受け入れ難い概念だった。

裏切りを警戒しながらも、クルーガー家は同じ目的を持つ他の一族を集めることができた。一部は政党の優れたメンバーで、その他は社会全体に対する重要な貢献者だった。 ブライソン家、マリュス家、ワンダーボーン・フェアチャイルド家が皆クルーガー家の味方につき、機が熟すとオムニスタット中で反抗の炎を灯すことに協力した。

内戦

内戦

クルーガーの反乱は偶然にも大規模飢饉と同時期に発生したため、多くの住民が意欲的に活動に参加した――彼らは秘密警察、政党のエリート、その抑圧的な政治的教義にうんざりしていたのだ。 数十年にわたり蓄積された憎悪と不満により、炎は共謀者たちの計画より遥かに壊滅的な大火となり、オムニスタットはすぐに激しい内戦に引き裂かれた。

戦いは何年も続き、クルーガー家は理想の社会を思い描くのは自分たちだけではないと認識せざるを得なかった。 乱れた時代を自らの組織を作る機会として捉えた者は他にも存在し、やがて混乱が静まると、かつてこの星で最も強力だった文明の灰から3つの国家が形成されていた。 最も大きな部分はオムニスタットとして残り、政党の支配が続いた。2番目に大きな部分はその後、「カスカディア」となった――形成に携わったのは初期のクルーガーの反乱を支持した一族たちである。そして最後は謎めいた由来の書物を基盤とした神政国家のサベウスである。

また、戦いは悲痛にも多くの死者を出し、クルーガー家の長であり利他的で優れた洞察力を持つディーター・クルーガーもその1人であった。彼が生き延びていたら、その後の状況に重大な影響を与えていたかもしれない。

カスカディア設立

カスカディア設立

不安定で一時的な平和が合意され国境が定められたが、カスカディアオムニスタット間の明白な敵意が協議における深刻な脅威として存続し、サベウスの聖職者たちによる巧みな交渉がなければ構想そのものが失敗に終わり、再び戦争が始まっていたことだろう。 しかし最終的に全てがネリディア協定で定められ、代表者たちは失われたものを再建するために引き下がった。

民主主義の原則、個性、個人の自主性に基づく国家を作ることがディーター・クルーガーの展望だった。 しかしディーターが亡くなったことでカスカディアの設立には最初から不備が生じることとなった。他の一族にはより自己中心的な目的があったためだ。 憲法には特定の地位を持つ住民の選挙権、国家を統治するための大統領と議会を選出する自由選挙が規定された。 しかし最初から選挙権を制限したことで、既に独裁政治の道へ踏み出していたのだ。

三頭戦争

三頭戦争

カスカディア憲法は国家の統治についてだけではなく、誰にでも会社を作り育み成功を目指すことを許可する企業設立許可書についても定めていた。 しかし競争や不正行為を管理する制限規則がほとんど考慮されなかったため、設立許可書もまた最初から不備のあるものだった。 また、早い段階で主要産業と天然資源を確保することで、反乱を率いた一族たちがかなり有利なスタートを切っていた。

カスカディアと正反対の理想を持つオムニスタットは全てを注意深く監視し続け、懸念されていたとおり、新しい国家が生まれてわずか数年後にカスカディアとサベウスの両国に奇襲を仕掛けた。 三頭戦争は2年続き、主に国境での延々と繰り返される激しい小競り合いが中心だった。 カスカディアサベウスの間で不安定な同盟が結ばれたことで紛争は終結し、それ以来、正式な和平合意の署名には至っていないものの、3国間では停戦状態が続いている。

企業ハウスの興隆

企業ハウスの興隆

オムニスタットと政党への根深い恐怖と憎悪が、古きを根絶し新たに作るという国家規模の構想を生んだ。 オムニスタット時代の全ての記憶は破壊され、その代わりに自由、そして反乱を率いた12の一族を祝福する新たな象徴が確立されることとなった。 10年後にはその同じ一族が「自由」市場の80%近くを支配し、その優位性は強まる一方だった。 カスカディア議会は企業の影響力を制限する法律を制定しようと努めた。 しかし議員のほとんどが一族の人間であることから、法に効力はないままだった。

一族たちはやがて企業ハウスと呼ばれるようになり、彼らの支配は強まり続け、やがて一緒に複合企業を形成したことでカスカディアの実質上の支配者となった。 しかし、オムニスタット時代から教訓を学んだ彼らは、自分たちが一般住民にとって開放的な存在に見えるよう配慮した結果、普通の市民が出世の階段を上り、企業ハウスの一員と同レベルの豊かさが手に入れられるという話が巷に溢れかえるようになった。

11月暴動

11月暴動

いっそう現状に甘んじるようになったミッドカーストの増え続ける富は、完全にローカーストに依存するものだった。ローカーストの医療、教育、その他サービスの利用は厳しく制限されており、ほぼ存在しないに等しかった。 彼らの多くは企業が巨大工場フードドーム鉱山を運営するグレイランドに住むことを強いられ、そこでの人生は短く厳しいものだった。 職場での事故は珍しくなく、グレイランドの有害な環境による悪性腫瘍などの病気が多発した。

緊張が高まり、運動が起きては失敗した――そのうちの1つ、平和主義の理想を掲げる運動が根付き、着実に拡大するまでは。 人気ミュージシャンでカリスマ的な存在だったマーティン・コナーズがその活動を始めた場所でもあるガラスで、最も多くの支持を獲得した。

11月の寒い日にそれまでで最大規模のデモが開催され、重大な局面を迎えた。 数千人がゼファー交通ハブへ行進し、スピーチや政治的な歌を聞くために集まった。 しかしひどい手違いが起きて銃が発砲され、平和的な集会は一瞬で衝動的な暴動に変わった。 数百人が死に、数千人が負傷した。 暴動の猛威は弱まることなく3日間続き、ガラスは燃え続けた。 マーティンとエリカ・コナーズ、その娘のケイトリンも死者に含まれていた。

複合企業の権力掌握

複合企業の権力掌握

一般住民、特にミッドカーストの間では、抗議者と彼らがもたらした被害や死に対して激しい憤りがあった。 また、複合企業は弱体化した議会と一触即発状態への対処に対する無能さについて指摘するのを忘れなかった。 大きな集会や抗議を禁止する法律が制定され、複合企業はさらに力を強めた。

しかし議会が取った措置は不十分だったうえに遅すぎた。複合企業が議会は国の統治を行うのにふさわしくないと言明すると、反対したのは主張の激しい少数派だけだった。 彼らもすぐに行方不明となり、複合企業がカスカディアを支配するようになった。 そしてガラスが複合企業の偉大さの象徴となるべくして選ばれた。 修復作業は加速し、ガラス複合企業の権力の汚れなき拠点にするために莫大な資源が費やされ、これに勝るのは複合企業委員が置かれる首都のカスカディア・プライムだけとなった。

問題が発生

不明なエラーが発生しました。 後ほど、もう一度お試しください。

マップのメンテナンス中です

クローズドベータのマップはメンテナンス中のため利用できません。 後ほど、もう一度お試しください。