Intel > カスカディア

近隣諸国&論争的問題

オムニスタットとカスカディアはまさに敵対的かつ好戦的な関係にある。 両者ともにお互いを脅威と見なし、対立するイデオロギーが今なお続く確執を一層悪化させている。 2つの地域の相互関係を説明しよう。

Intel > カスカディア

近隣諸国&論争的問題

オムニスタットとカスカディアはまさに敵対的かつ好戦的な関係にある。 両者ともにお互いを脅威と見なし、対立するイデオロギーが今なお続く確執を一層悪化させている。 2つの地域の相互関係を説明しよう。

オムニスタット

オムニスタット

オムニスタットは毎年莫大な資源を費してカスカディアの文化と政治に潜入し分析する。目的は調査と壊滅だ。 オムニスタットは三頭戦争以前に大量の難民が発生し、国境を封鎖する前に人口の約5分の1がカスカディアとサベウスに逃亡し、それ以来国境警備隊は誰にも越境させないために殺傷武器の使用を命じられたことも記憶している。

今でも少数ながら国境を越えていく難民はいるが、近頃ではカスカディアが彼らを受け入れない傾向を強め、難民は全て工作員の疑いをかけられるようになった。 ほとんどは結局ローカーストとなり、自分たちが後にしてきた状況によく似た状況で、死ぬまで働き続ける皮肉を痛感することになる。

カスカディアはクルーガーディフェンスの形で常備軍を保有しているが、人数よりも技術力に依存し、オムニスタット総合軍には少なくとも3倍の人数がいる。 国境での偶発的な小競り合いはいまだに起こるものの、それがオムニスタットの脅威の深刻さに気付かないまま過ごしている一般市民に伝わることは稀だ。 オムニスタットは新たな治安対策やプライバシーを侵害する政策変更を受け入れさせるためのスケープゴートとして時折利用されるにとどまっている。

サベウス

サベウス

サベウスは国家の独立を保ち、オムニスタットとカスカディアの両国に隣接していながら、固く封鎖された国境の向こうの状況を知る者はほとんどいない。 ここ30年でサベウスを出国した難民はおらず、カスカディアが派遣した数多くのエージェントのうち1名のみが戻ってきたが、サベウスの宗教に完全に染まっていたため役には立たなかった。

よって複合企業はサベウスが脅威か否かを判断しかねている。 同時に、サベウスがどのくらいカスカディアを知っているのかはほぼ完全に不明であり、カスカディアで発見された数人のサベウス人伝道師は改宗者を増やす前に捕らえられて全員処刑されている。 複合企業の警戒が無様にも失敗したのは一度だけ。それはネリディア・ノバ近くのフードドームで働くローカーストが一斉に現場を離れてサベウスへの国境を越えたためにドーム全体が突然停止した時のことだ。 彼らはそれきり消息を絶ち、ネリディア・ノバは食糧生産が復旧するまで飢餓を耐えることとなった。

論争的問題

論争的問題

ほとんどの地下水源は大回帰までの期間に枯渇したか汚染されており、数十年の間、きれいな水は希少な贅沢品であった。 人々は手に入れられるものを飲み、病気や悪性腫瘍が大流行した。

オムニスタットの主な強みのひとつは、数少ない地下水源のほとんどを早い段階に掌握していたことに起因する。 これは困窮するグレイランド植民をオムニスタットの理想になびかせるための効果的な餌として使われた。

オムニスタットが山を越えグレイランド全土に拡大するとともに水の需要が増えたが、沿岸部に到達し複数の巨大脱塩工場を建てたことで新鮮な水の供給は大幅に増加した。 しかしその後オムニスタットが衰退すると、いくつかの工場は管理不行き届きにより操業を停止し、主要な地下水源から離れた土地の住人たちが頼れる水は次第に減っていった。

今日ではあまり語られないが、クルーガーの反乱の主な目的のひとつは水の確保であった。オムニスタットはそれを支配手段として使っていたが、最終的にはそれに苦しめられることとなった。 内戦カスカディアは国交を絶ち、沿岸部の大半を占拠していたために脱塩工場も支配下におさめたことで、オムニスタットに残された領地内はすぐに深刻な水不足に陥った。 政党の優先が強いられる中、街全体が干上がり住民たちは死んでいった。

オムニスタットが脱塩工場の支配権奪還に失敗したことで、三頭戦争もまた主に水を巡る戦いとなった。 その後、オムニスタットは水を確保する他の方法を見つけたが、それで満足することはなかった。供給能力の限界に達したカスカディアを貪欲な目で狙っているのだ。 脱塩工場は増え続けるあらゆる層のエンプロイの需要を満たすのがやっとの状態だ。

ほとんどのエンプロイは、水の供給状況がぎりぎりで、複合企業が必死にそれを隠そうとしていることに気付いていない。 脱塩工場での勤務を命じられたローカーストは離職を禁じられており、そこに勤める少数のミッドカースト監督者たちは自分と近親者の雇用解除を盾に脅迫され、黙秘を誓わされている。

しかしカスカディア複合企業が国家として存続するためには、より多くの真水の入手経路を確保せねばならない。 彼らはさらに3つの巨大脱塩工場を建てることでこれを推し進めようとしているが、それには膨大なエネルギーが要求される。

エネルギー

エネルギー及びエネルギー不足は、複合企業にとって急速に重大化しつつある問題だ。 階層社会の維持に必要な消費サイクルが、エネルギーの需要を継続不可能なレベルに増加させている。 核分裂プラントは最大生産力で稼働しており、いくつかの需要は再生可能なエネルギー源により緩和されたものの、原子力と完全に置き換わるには足りない。

エバーダイン・エネルギーが顧客獲得を競い合うエネルギー企業のひとつだった頃、代替エネルギー技術の研究をしたことがある。 しかし彼らが成長し競合他社を吸収すると、研究部門は縮小され、半分になり、閉鎖されたも同然となった。 彼らは将来の需要増加を低く見積もり過ぎていて、採掘可能なウランで数世紀にわたりカスカディアに十分な燃料を供給できると信じられていた。

それは最大規模の鉱脈の2つが思いがけなく枯渇し、新たな発掘場所を見つける試みが全て失敗に終わる以前のことだった。 以来エバーダインは研究に力を入れるようになったが、時期を逸した無駄な努力に過ぎず、著しく進展するためのノウハウもない。

問題が発生

不明なエラーが発生しました。 後ほど、もう一度お試しください。

マップのメンテナンス中です

クローズドベータのマップはメンテナンス中のため利用できません。 後ほど、もう一度お試しください。