Intel > 派閥&一般市民

一般市民

無益な消費と中身のないエンターテインメントによって飼いならされた ガラスの市民の多くは、自ら進んで奴隷と化していた。 しかし、時の権力者に立ち向かおうとする者たちがいる。

Intel > 派閥&一般市民

一般市民

無益な消費と中身のないエンターテインメントによって飼いならされた ガラスの市民の多くは、自ら進んで奴隷と化していた。 しかし、時の権力者に立ち向かおうとする者たちがいる。

エリカ・コナーズ

エリカ・コナーズ

エリカはガラスの街で生まれ育ち、彼女が幼い頃から両親は既に年老いていた。 両親はオムニスタットの支配のもとで育ち、カスカディアという新生国家の進む方向に不安はあったものの、政党とその教義よりは良いはずだと主張した。 エリカの父親は物理学者、母親は数学者であり、娘に自然科学と知識に基づく議論を深く愛する心を教え込んだ。 高齢であったため、2人ともエリカが十代後半の時に亡くなったが、国を襲う政治的転換に対して研ぎ澄まされた心と博識で利他的な立場を持つ若い女性を遺産として残した。

大学在学中にマーティン・コナーズと出会い、わずか2年後にフェイスが生まれた――予定された子供ではなかったが、関係なく愛された。 エリカはマーティンと意気投合した。 彼のほうが社交的で全体的に情熱的だったが、深い部分で彼らはとても似ていた。

エリカは母親としてかなり厳しかったが、ケイトリンとフェイスをとても愛していた。 彼女は確実に訪れるだろう過酷な時代に備えて厳しさが必要だと信じていた。 またフェイスがかなり反抗的に育つのを見て、エリカは自由意志と権力に対する健全な不信は善しとしていたものの、娘が完全な反逆者になることは望んでいなかった。

11月の運命の日、彼女は子供たちを抗議集会に連れて行きたくなかったが、ベビーシッターが見つからず、マーティンが娘たちにも歴史的瞬間に立ち会わせることを望んだのだった。

マーティン・コナーズ

マーティン・コナーズ

マーティンはオムニスタットが消滅した年に、粛清と内戦の両方を奇跡的に生き延びた有名な音楽家夫妻の息子として生まれた。 音楽一家に育ち、早くからピアノと作曲の才能を示したことも驚きではなく、音楽教育という意味では新生国家のカスカディアが与えられるものは多くなかったものの、両親が彼の才能を伸ばしつつ同時に社会的責任に対する深い理解を教え込んだ。 2人ともより平和的な手段を提唱しながらもクルーガーの反乱に参加しており、同様の理想がマーティンにも芽生え、彼にカスカディアで広がる企業主義に早くから反対の立場を取らせた。

初めてリベルタにできたカスカディアの大学在学中にエリカと出会い、2人は即座にそして確実に恋に落ちた。 そしてフェイスとケイトリンが生まれ、彼の人生は根底から変化した。 人々が自分の運命を決められる本物の民主主義社会で、愛する娘たちが育つことを望んだのだ。 娘たちの存在が公の場で自分の音楽を演奏する契機となり、すぐにマーティンは広がりつつある反企業運動のリーダーとなった――11月暴動での悲劇的な早すぎる死まで、その立場を守った。

バードマン

バードマン

バードマンは概念として確立するずっと以前からランナーだった。 クルーガーの反乱が始まった当時13歳だった彼は、直接ディーター・クルーガーのために働くことも多く、その反乱の影の英雄の1人となった。 その後に起きた内戦では共謀者たちとともにオムニスタットに対抗したが、多くの場合は単独で行動し、任務をこなすほどに戦争や殺しに対する嫌悪は高まっていった。 そして戦争が終わりカスカディアが形成されたが、バードマンは普通の暮らしに戻ることはできなかった。

代わりに彼は走った。 バードマンにとっては走り、跳び、登ることがAからB地点へ行く自然な方法となり、楽しむというよりは動き続けたいという衝動から走っていた。 複合企業ガラスの再建を始めると、同じように屋根に暮らす他のオフグリッドを見つけた。バードマンは、ためらいながらも自身が作った数々の隠れたルートに関する膨大な知識を彼らに教えた。

最近の彼は走るのをやめ、鳩の餌やりと世話をすることで満足しているが、その鳩は都市間のオフグリッド伝達サービスの提供にも使われている。

アリーン・ミーラ

アリーン・ミーラ

アリーン・ミーラは科学にしか興味がなかった。 幼い頃から主に人間と機械の結合やデジタルと生物の融合に関する本や実験に没頭していた。 成長すると当時既に主要なバイオ技術および製薬会社であったエリジウムコープに雇われ、すぐに部署のトップに立つ人材になった。

年を経て出世したアリーンは、リフレクション計画の優れた責任者としての立場を担うようになった。 彼女の関心はいかにナノマシンがホストをモニタリングしてその健康を改善できるかにあり、リフレクションは有益な結果しかもたらさないと長い間思い込んでいた。 しかし年功を積むにつれ、計画の他の部分を垣間見た彼女は技術の真の目的について疑問を抱くようになり、その疑問が恐ろしい結末を生むこととなった…

ベアトリクス・ブロック

ベアトリクス・ブロック

ベアトリクスはハウス・ブロックにおける第3位継承者の1人である。 長きに渡る交渉の結果、ハウス・ブライソンの第2位継承者であるピーター・ブライソンとの結婚が決まっている。 彼らの関係に愛はなく、婚姻は両家の絆を強めるための純粋な企業合併にすぎない。 結婚でより得をするのは現在複合企業委員の席を持たないハウス・ブロックのほうだが、周知のとおり、次の会計年度は状況が一変しているかもしれない。

ベアトリクスは慣習と期待の檻に閉じ込められているように感じている。 彼女は婚約と街からの逃亡という夢を密かに温めている。 しかし実際には唯一知っている暮らしを捨てる決意はなく、第3位継承者であろうとハウスの女性であることの特権を喜んで享受している部分もある。 自身の勇気のなさを憎むのと同じくらい、このことで自分を嫌悪している。

プラスティック

プラスティック

フェイスは最初、ガラスで最高のプログラマーであるプラスティックの正体を知らない。 彼女に分かるのはこのオフグリッドの天才的技術者がランナーにとって強力な仲間になるということだけだ。プラスティックは決して社交的な人物ではなく、ビートを通した生活とコミュニケーションを好むらしい。 最も難しい技術的任務だけを受けるプラスティックの通常報酬額は、企業ハウスでさえ相談の前にじっくり検討するほどの高額だ。

クマ

クマ

クマはガラスで最も腕利きのプログラマー、プラスティックが温めている意欲的なプロジェクトから生まれた。 進化するAIコアを搭載したこの小型ロボットは、数年を費やして作られましたが、猟奇的なまでに気まぐれなその性格にまだまだ改善の余地がある。

問題が発生

不明なエラーが発生しました。 後ほど、もう一度お試しください。

マップのメンテナンス中です

クローズドベータのマップはメンテナンス中のため利用できません。 後ほど、もう一度お試しください。