Intel > 派閥&一般市民

ガブリエル・クルーガー&クルーガーセック

冷酷なガブリエル・クルーガーは、カスカディア形成の道を開いたクルーガーの反乱のリーダーであり、クルーガー・ホールディングのトップでもあったディーター・クルーガーの直系の子孫である。 クルーガーセックは、クルーガー・ホールディング傘下の警備会社であり、クルーガーセックのメンバーはガラスの街の至るところにいる。

Intel > 派閥&一般市民

ガブリエル・クルーガー&クルーガーセック

冷酷なガブリエル・クルーガーは、カスカディア形成の道を開いたクルーガーの反乱のリーダーであり、クルーガー・ホールディングのトップでもあったディーター・クルーガーの直系の子孫である。 クルーガーセックは、クルーガー・ホールディング傘下の警備会社であり、クルーガーセックのメンバーはガラスの街の至るところにいる。

ガブリエル・クルーガー

ガブリエル・クルーガー

ガブリエル・クルーガーは先祖であるディーター・クルーガーの熱意と高い知的能力を引き継いではいるが、それはディーターが示した人類への基本的な信頼に基づくものではない。 ガブリエルは自分の行動が複合企業カスカディアとその住民のためになると確信しており、複合企業が最大の権力を持ちハウス・クルーガーが複合企業を支配することを確実にするには、幾つかの大きな犠牲が必要であると考えている。

普通の警官であった彼の息子は11月暴動の発生段階で殺された。 ガブリエルはすぐに息子の死を知り、抗議者とその甘い理想に対して抱いていた強い軽蔑心は苦い憎しみへと変わった。 彼はその後の人生をクルーガーセックの進歩に費やしてきた。 また、娘のイザベルを将来リーダーの重いマントを背負うことができるように苦労して育てており、彼が誰かを愛せるというなら、それは彼女だろう。

センティネル

センティネル

センティネルはクルーガーセックのエリートで、遭遇する敵の中で最も高度な訓練を受けている。 トレーニングプログラムは謎に包まれているが、その効果に議論の余地はない。 エンプロイの安全を守り、時には自分たちからも守る。 センティネルは素早く、頑強で、攻撃に迷いがない。

エンフォーサー

エンフォーサー

エンフォーサーはクルーガーセックの特殊部隊で、戦術的なポジショニングや遠距離戦で高いダメージを与える訓練を受けている。 だが、近距離戦についてはさほど訓練を受けていない。 外部の軍事目的を担い、更生施設やガブリエル・クルーガー個人のボディガード以外で目にすることはない。 ただし、これもまもなく変わろうとしている。

プロテクター

プロテクター

プロテクターは滅多に現れることはなく、彼らの出動は直接的な規則の執行、降格、あるいは下層カースト施設への追放を意味することが多いため、エンプロイを不安にさせる存在である。 ダメージ耐性があり、繰り返しの攻撃に対してカウンターや反撃を行う。能力が高く、装備が強固なため、グループで遭遇すると深刻な脅威となる。

ショックプロテクター

ショックプロテクター

11月暴動以降、ガラスにおける複合企業の支配に対する表立った抵抗はほとんどない。 それでもクルーガーセックは、大規模な集団、厄介なエンプロイ、ローカーストにいつでも対応できるように「ショックプロテクター」と呼ばれる訓練を積んだ部隊を待機させている。 キネティックパシファイヤーを装備しており、1、2発で大勢を捕らえて鎮圧することが可能。 ショックプロテクターは屈強で、直接的な攻撃に対して非常に高い耐性を持っている。

ガーディアン

ガーディアン

模範的なエンプロイには、クルーガーセックで最も馴染み深いタイプであろう。 エンプロイにとっては、複合企業の規則に従い、仕事のパフォーマンスを高い水準で維持すべきことを常に思い出させる存在である。 ランナーにとっては慣れた存在であり、ガーディアンは組織の比較的経験が浅いメンバーでも大きな障害とはならない。

スナイパーのターレット

スナイパーのターレット

クルーガー・アームズ開発の長距離射程固定式AIターレット。 グリッドプリント検知システムと窒化ガリウムレーザーによって、権限のない人物を遠距離から素早く判別できる。 ミッドおよびハイカーストの部隊に許可されている最大口径の弾薬を使用するこのドローンは、低速度の標的に対して正確な攻撃を行う、極めて危険な存在だ。 検知されると、多くの場合フェイスは全力で移動し続けて攻撃をかわさなければならない。

問題が発生

不明なエラーが発生しました。 後ほど、もう一度お試しください。

マップのメンテナンス中です

クローズドベータのマップはメンテナンス中のため利用できません。 後ほど、もう一度お試しください。