Intel > 派閥&一般市民

ランナー

ランナーは複合企業の歯車の一部になることを拒否し、自らの意志でオフグリッドとなった特別なグループである。 屋上で生きる絆の強い組織の一員である彼らは、都市を駆け巡りながら盗みを働き、配達を遂行して、依頼主から報酬を受け取る。 クルーガーセックはランナーをその場で無力化する規則になっているものの、絶えず陰謀と隣り合わせの企業ハウスはひそかにランナーに頼っており、取り締まりが甘いと主張する者もいる。

Intel > 派閥&一般市民

ランナー

ランナーは複合企業の歯車の一部になることを拒否し、自らの意志でオフグリッドとなった特別なグループである。 屋上で生きる絆の強い組織の一員である彼らは、都市を駆け巡りながら盗みを働き、配達を遂行して、依頼主から報酬を受け取る。 クルーガーセックはランナーをその場で無力化する規則になっているものの、絶えず陰謀と隣り合わせの企業ハウスはひそかにランナーに頼っており、取り締まりが甘いと主張する者もいる。

フェイス・コナーズ

フェイス・コナーズ

フェイスは11月暴動の当日は7歳で、両親の友人のノア・ケカイに助けられて辛うじて生き延びた。 彼が養父となり、彼女を街の遥か上にある屋上で育て、意図的にではないが彼女にランナーとなるきっかけを与えた。 彼はブラック・ノベンバーの抵抗運動と複合企業の紛争に彼女が巻き込まれないよう注意し、フェイスも同様に中立姿勢をとるようになった。

家族を失ったことで深く傷付いたものの、フェイスは自信家で生意気なところさえある若い女性に成長した。 スリルを求め、報酬よりも興奮のために走る。 しかし心の奥底では今の暮らしを続けられないこと、いつの日か複合企業に対して反対の立場を取らざるを得ないことを理解している。

ノア

ノア

歩きだすのは早く、喋り始めるのが遅かったノアは、常にどこへでも走って行った。 体が十分成長したとたんに登ることも始め、両親を悩ませたが、彼らは言うことを聞かせることを諦めた。 父親が三頭戦争で死ぬと母親は長期の鬱状態に陥り、結果としてノアは友人や親戚の間を長年たらい回しにされた。 受け入れてくれた人もいれば、あからさまに虐待する者もいた。 このことから若きノアの放浪癖と当局に対する深い不信が育まれ、その不信はすぐに拡大して全社会を包含するようになった。 企業による侵害に早くから気付き、やがて同じ意見を持つ仲間たちを見つけた。 マーティンとエリカ・コナーズにもそうして出会い、3人は深く長い友人関係を築いた。

そして11月暴動が発生し、ノアは親友たちを失い、残された子供を育てなくてはならなくなった。 闘争や一般住民に幻滅した彼は屋上で暮らし始め、非公式の窃盗・伝達サービスを設立し、常に内紛を抱える企業ハウスに頻繁に雇われるようになった。 親友たちの死はブラック・ノベンバー複合企業の間で続く紛争のせいであるとし、ノアはどちらか一方を支持することは二度としないと誓い、フェイスにもその中立性を保たせようと尽力した。

イカロス

イカロス

イカロスは17歳の時、寝室の窓からランナーを見つけた。 2日後に小さなリュックサックを背中に縛り付け、ランナーになる固い決意とともにアパートを抜け出した。 屋根での暮らしは楽ではなかったが、飲み込みの速いイカロスはすぐに迅速かつ安全で信頼できるプレイヤーとして名を馳せた。

彼は最高のランナーと見なされ、フェイス・コナーズに次ぐ2番手とされている。 フェイスが刑務所にいる時にノアに徒党に誘われ、2人は親密な絆を築いている。 フェイスと同じくイカロスも主にスリルのために走り、元々用意されていた人生とはかなり異なるこの暮らしを日々楽しんでいる。 しかしフェイスとは違って衝動で動かず、その技術は向こう見ずな冒険ではなく注意深い計算に基づいている。 彼女と比較されることを嫌悪し、彼女が少年院を出ても自分の評判を落とさせはしないと前から決意している。

ノーマッド

ノーマッド

ノーマッドは自分がいつ生まれたか知らないし、知りたくもない。 父親は生まれる前にいなくなり、彼の記憶にない母親が1人で幼い彼を育てていたが11月暴動で殺されてしまった、という話を自分のために作り上げた。 他の大人、家出したことや連れ戻された記憶は微かにあるが、それが当局か別の誰かだったかは思い出せない。 思い出せるのは他の子供が学校に行っていた頃、彼は既にガラスアウトカーストとともにストリートで暮らしていたということだ。

熱心なグラフィティ・アーティストであるノーマッドの作品は、複合企業への深い憎しみが共通のテーマとなっている。 絵の他に、巨大広告プロジェクションにハッキングして壊し、複合企業の真の性質を見せ付けることもある――しかしこのような冒険にはたいていフェイスの力を必要とする。

初めて彼女に会ったのは10年近く前で、公然と認めることは絶対にないが、持つことのなかった姉のような存在に感じている。 名前のとおり一ヶ所に定住したことはなく、常に少し落ち着きがない。 その放浪癖からガラスの様々な階級の場所に出入りし、どこへ行くべきか、誰と話すべきかを知り、彼自身はランナーではないもののその広大なコミュニティに上手く馴染んでいる。

問題が発生

不明なエラーが発生しました。 後ほど、もう一度お試しください。

マップのメンテナンス中です

クローズドベータのマップはメンテナンス中のため利用できません。 後ほど、もう一度お試しください。