Intel > ガラス

街の地区

47年度の国勢調査によると、ガラスカスカディアで3番目に大きい都市で、人口約1400万人を誇っている。 今後訪れる予定がある方は、中心地の見どころや楽しみ方についてチェックしておこう。

Intel > ガラス

街の地区

47年度の国勢調査によると、ガラスカスカディアで3番目に大きい都市で、人口約1400万人を誇っている。 今後訪れる予定がある方は、中心地の見どころや楽しみ方についてチェックしておこう。

ダウンタウン

ダウンタウン

ダウンタウンの再開発に際しては、古くから街の中心街だったこの地区の雰囲気を尊重することが初期の段階で決定していた。 このため、地区内の建物の密度は他と比べて高く、道幅も狭くなっている。こうした設計によって、道路や建物の配置が以前とほぼ同じに保たれたのだ。 その結果、ダウンタウンはどこかに古き良き時代の面影を残しながら、近代化されたガラスの中心街として立派に生まれ変わった。

ここには数え切れないほどのファッショナブルなブティックが立ち並び、スカイシティに住む特権階級たちが彼らの地区では買えないような目新しいアイテムを求めて買い物に来ることも珍しくない。 また、流行の移り変わりの激しいグルメの分野でも、最新の人気レストランに行けば企業ハウスから来た若いカップルの隣の席でディナーを楽しむという体験ができるかも知れない。

アンカー

アンカー

アンカー地区はガラスの商業と娯楽の中心だ。 スカイシティの住民は人付き合いを避ける傾向があるため、一般のエンプロイと交流することはほとんどないが、一部の人々、特に若者はしばしばアンカーを訪れる。 彼らはこの地区でショッピングを楽しんだり、シティで最も人気のあるナイトクラブ群で時間を過ごすのだ。中でも「スロース」は選ばれたエリートだけが入店を許される伝説的なクラブだ。

アナンシ総合商業施設やピランデロ・バザールでは、あらゆるカーストのエンプロイが思いつく限りのものを買い揃えることができる。 非常に珍しい輸入品から一般的な消耗品まで、何でも見つけられるはずだ。 車を新しくしたいならブライソン・ショールームへ。ここには最新型の車が陳列されている。 しかしこれらのスポットを全て合わせても、近日オープン予定のバーブル・モールの巨大さには敵わないかもしれない。そうだとしても、実際に訪れて自分の目で確かめる価値はあるだろう。

ビュー

ビュー

オーシャン・ガラス・ビュー、通称「ビュー」は裕福で将来有望なエンプロイが暮らす高級住宅地であり、多くの人にとってここに住むことはスカイシティに招待される前の最終段階だ。

ビューの大部分はシルバイン・システムズが出資しており、また同社の社員の多くがこの地区の住民となっている。ここは、伸び盛りの有望なエンプロイが暮らすにふさわしい閑静な環境を追及してとことんまで計画的に設計された地区なのだ。

騒々しいダウンタウンやアンカーから離れたい時は、ビューを訪れるのがおすすめだ。 静かな街並みや海沿いの遊歩道を散歩したり、海が好きな人はマリーナに足を運ぶのもいいだろう。 休日には、家族連れが広場でピクニックを楽しんでいたり、波打ち際で子供たちを遊ばせながら日光浴をする人々の姿がよく見られる。

造成ゾーンG

造成ゾーンG

造成ゾーンGは今もCCコープによる再開発が続いている残り少ない地区の一つだ。この地区は一般の立ち入りが禁止されているが、気になる人は周りのビルから様子を覗き見ることができるだろう。 オムニスタット時代に対する複合企業の規則を再確認するためにも、一見の価値がある光景だ。 宅地造成ゾーンGはなぜ私たちがあの恐ろしい暗黒時代を消し去ることにしたのか、その理由を思い出させてくれる。

この造成ゾーンの地下にはオムニスタット時代のトンネル網が残っているとする噂があるが、こうした噂はクルーガーセックによって完全に否定されている。

[注意: 造成ゾーンはゾーン指定エンプロイ証を所持するCCコープ関係者を除く全エンプロイの立ち入りが禁止されている。 無許可での立ち入りは契約解除の条件を満たす。]

スカイシティ&シャード

スカイシティ&シャード

スカイシティは約束の地であり、夢が現実となったような場所だ。 本物の楽園であり、最新の建築技術の結晶でもある。 巨大な人工島に建つスカイシティからはシャードが雲の上までそびえ立っている。 スカイシティの住民は3万人で、頂点を目指す有能な一握りのエンプロイだけがここに住むことを許される。 カスカディアの全てのエンプロイにとって、ここは努力をすれば報われるという約束を象徴する場所なのだ。

[注意: スカイシティは一般の立ち入りが禁止されており、住民、許可を受けたサービス従業員、滞在許可証を所持する訪問者のみが入場を許可される。 滞在許可証の発行には企業ハウスの住民の保証人が必要だ。 無許可での立ち入りは契約解除の条件を満たす。]

オムニスタット・トンネル

オムニスタット・トンネル

複合企業は主要な都市、中でも特にガラスから、オムニスタットの痕跡を完全に消し去ることに力を注いできた。 11月暴動オムニスタットの理想に感化されて始まったことは広く信じられており(ただしこれもまた複合企業が流した嘘)ミッドカーストのエンプロイたちは過去の辛い記憶を呼び覚ます痕跡の一掃を強く求め続けてきたのだ。

しかし、数は少ないが中にはガラスの地下に巨大なトンネル群が広がっていることを知る者もいる。かつてはオムニスタットの大規模な脱塩工場の一部だったこの建造物は、CCコープが忙しく地上の都市を作り変えている間もほぼ手つかずで存在し続けていたのだ。 地下に広がるこのトンネル網の全貌を知る者は誰もいない。 一般のエンプロイは全ての入り口の使用を禁止されており、クルーガーセックの社員ですら近づくことは稀である。 一方でこれらの地下空間はあらゆる種類のアウトカーストの隠れ家になっている。ブラック・ノベンバーもこのトンネルのどこか奥深くに拠点を構えているのだ。

問題が発生

不明なエラーが発生しました。 後ほど、もう一度お試しください。

マップのメンテナンス中です

クローズドベータのマップはメンテナンス中のため利用できません。 後ほど、もう一度お試しください。