64 Reasons

#1 フェイス

「ミラーズエッジ™ カタリスト」は象徴的なヒロインの物語です。プレイヤーは彼女になって何マイルもの道のりを走り、彼女のルーツとなる物語を彼女の視点で体験します。 ガラスにおいてトップクラスのランナーであるフェイス・コナーズは、最高の運動能力とガラスの街の各地区に関する膨大な知識を持っています。 自信に満ちた気難しいフェイスには、悲痛な過去があります。彼女の戦いは、複合企業との戦いだけではありません。フェイスについてもっと学ぼう

#2 ユニークな一人称視点の動作

「ミラーズエッジ カタリスト」では、勢いが武器となります。 屋上から屋上へと大胆に飛び移ったり、狭い隙間にスタイリッシュに滑り込んだりしましょう。 ジップラインを使えば素早く最高速度に到達できます。 パイプ上でバランスを取ってからスムーズにぶら下がり、登る、両手を動かして移動する、障害物の下を通るなどのアクションに移行できます。 詳細をチェック

#3 滑らかな戦闘

走るだけでは不十分な時もあります。 全身で繰り出す強力なヘビートラバース攻撃で、敵を壁に叩きつけたり、手すりの向こうに落としたり、敵同士を激突させたりできます。 推進力を利用してクルーガーセックの間をすり抜ける場合は、ライトトラバース攻撃を連続で繰り出し、集中力を高め、スピードを維持しましょう。 詳細をチェック

#4 スリリングな物語

舞台は冷酷な複合企業が支配する美しい街。 腕利きのランナーであるフェイスは、意に反して複合企業との戦いに巻き込まれます。 「ミラーズエッジ カタリスト」の物語には、様々なサプライズが散りばめられていますが、その全ての中心にいるのはプレイヤーです。 詳細をチェック

#5 ガラスの街を探索しよう

ガラスは一見きらびやかにも見えますが、そのうわべの下には黒い秘密が隠されています。 街は広大で、ゲームミッションを進めながらその多くの地区を訪れることになります。 3Dマップでガラスを探索しよう

Explore

#6 素晴らしいグラフィック

強力なFrostbite 3エンジンと業界トップクラスのグラフィックデザイナーたちによって、DICEはグラフィックの美しい傑作を「ミラーズエッジ カタリスト」で再び生みだしました。 次世代のグラフィックの細かなディテールにより、フェイスと街がリアルに描かれます。

#7 新しい攻撃や動作を解除しよう

ランナーとしての経験を積んでいくと、すぐに新たな動作がレパートリーに加わります。 アップグレードポイントで移動、戦闘、装備をアップグレードし、スキルロールを覚えたり、トラバース攻撃のダメージを増加させたりしましょう。

MAG Rope

#8 MAGロープを使おう

スイングの準備はいいですか? MAGロープはフェイスが前腕に着用しているデバイスです。これを使用してワールド内の特定ポイントをつかむと、ジャンプでは越えられない谷間をスイングして渡れるようになります。 ストーリーを進めていくと、出会うキャラクターたちからMAGロープのアップグレードがもらえます。

詳細をチェック

Runners

#9 ランナーたちに会おう

ガラスのような街では、この派閥に所属するのが賢明です。 ランナーは複合企業の歯車の一部になることを拒否し、自らの意志でオフグリッドとなった特別なグループです。 屋上で生きる絆の強い組織の一員である彼らは、都市を駆け巡りながら盗みを働き、配達を遂行して、依頼主から報酬を受け取ります。 詳細をチェック

#10 タイムトライアルに挑もう

誰がトップランナーかを世界に見せつけましょう。 プレイヤー同士が繋がり、挑み合うタイムトライアルは、他のプレイヤーが作成したガラスの屋上を舞台にしたレースです。 ランキングの順位をどこまで上がられるか試しましょう。

#11 …そして自分でも作成しよう

創作意欲が湧いてきた? それなら自分でタイムトライアルを作成し、世界とシェアしましょう。

詳細をチェック

Sentinel

#12 センティネルに挑もう

このタイプに遭遇したら注意しましょう。 センティネルはクルーガーセックのエリートで、「ミラーズエッジ カタリスト」で遭遇する敵の中で最も高度な訓練を受けています。 センティネルは素早く、頑強で、攻撃に迷いがありません。 詳細をチェック

#13 ビートにアクセスしよう

ランナーである皆さんは、ビートにアクセスできます。これはガラスの街の「インターネット」であるグリッドに便乗できるソフトウェアです。 ビートはナビゲーションに関するヒントに加え、いまだ複合企業がアクセスできない暗号化された通信チャンネルを提供してくれます。 詳細をチェック

Black November

#14 ブラック・ノベンバーに会おう

「ミラーズエッジ カタリスト」の物語を進めると、クルーガーセックに目をつけられているレジスタンス組織、ブラック・ノベンバーに出くわします。 ブラック・ノベンバーは様々な手段で当局に牙をむき、革命を起こそうとエンプロイたちを扇動します。 詳細をチェック

#15 ディスラプターを使おう

クルーガーセックが目障り? それなら彼らの通信システムを妨害して、しばらく気絶させましょう。 ディスラプターのアップグレードは、フェイスのビートリンクとMAGロープを活用し、軍用通信のハッキングを行います。

#16 デリバリーミッションを受けよう

ガラスを探索していると、市民が様々なデリバリーミッションを依頼してくることがあります。 ガラスのエンプロイたちの生活を知りましょう。ただしチャレンジの内容が恋人との思いでの品でも、盗み出した企業秘密でも、報酬を受け取るには素早くかつ慎重に遂行しなければいけません。

Dashes

#17 ダッシュ

速さに自信があるなら、DICEがデザインした難易度の高いダッシュに挑み、滑らかに移動しながら最適なルートを見つけましょう。 ダッシュについてもっと学ぼう

#18 カスカディアの歴史を知ろう

「ミラーズエッジ カタリスト」世界の裏には、濃密で細かな歴史があります。 ゲームをプレイし、mirrorsedge.com/ja_JP/にアクセスすれば、この国の歴史を深く理解し、それを形作った重要な出来事について知ることができます。

#19 ワールドクラスのオーディオ

「ミラーズエッジ カタリスト」のサウンドデザインは、皆さんをガラスの街へどっぷりと没入させます。 賞の獲得経験もあるDICEのサウンドチームは、フェイスのキャラクターと彼女が走る世界にピッタリのサウンドスケープを作り上げました。 聞いてみよう

#20 ノア

「ミラーズエッジ カタリスト」の序盤でフェイスは育ての親、ノアと再会します。彼はフェイスの師であり、ランナー組織の中でも有数の力を持つ古参ランナーでもあります。 ノアはフェイスを自身の娘であるかのように愛しており、優しさが命取りとなりかねない厳しい世界を生き抜けるよう、フェイスを育ててきました。 詳細をチェック

#21 昼と夜のサイクル

ガラスのような大都市に夜が訪れると、どんな景色、音、雰囲気が楽しめるのでしょうか? 上記の開発日記をご覧ください――あるいは「ミラーズエッジ カタリスト」で実際に確認しましょう。

#22 コミュニティに参加しよう

素晴らしいファンアート、実りのあるディスカッション、そして新しいランナーの友達と出会うチャンスです。 「ミラーズエッジ カタリスト」コミュニティに参加して損はありません。 フォーラムに移動

#23 ダウンタウンに行こう

ガラスの中心に位置するダウンタウンは、活気ある現代的な都心部です。 その屋上を走り、ランナーの隠れ家を探索するのは非常にスリルがあります。 詳細をチェック

#24 グリッドリーク

街のあちこちで、グリッドリークと呼ばれる黄色いオーブ状のアイテムが見つかります。 見つけた時はできる限りたくさん拾っておくこと。追加XPポイントがもらえます。

Solar Fields

#25 Solar Fieldsによるダイナミックなサウンドトラック

BGMに合わせて走りましょう。アクションに合わせてどう変化するか、またゲームの進め方によってどう変わるかをお聴き逃しなく。 「ミラーズエッジ カタリスト」のダイナミックなサウンドトラックにファンに人気のSolar Fieldsが再び参加します。 サウンドトラックを聞こう

#26 グリップパーツ

MAGロープで出来るのは、スイングだけではありません。 グリップパーツが手に入ったら、フックパーツで街中にある特定のオブジェクトを突き刺してつかめるようになります。 例えばパネルをつかんで引き抜き、元に戻る前にそこから素早くジャンプできます。 詳細をチェック

Kruger

#27 ガブリエル・クルーガー

冷酷なクルーガーセックのトップである彼は、決して敵に回したくない相手です。 グリッドの管理を逃れて暮らす者に対し、クルーガーは強い敵意を見せます。容赦なくレジスタンスを追い詰める彼の憎悪は計り知れません。 しかしクルーガーは愛する人を亡くした過去を持ち、そのことで葛藤や罪の意識も抱えています。

Conglomerate

#28 複合企業

ガラスの街を見渡せば、圧倒的な支配力を誇る非情な複合企業の企業に出くわします。 ほとんどのビルで目にする彼らのビルボードは、一般市民の欲求や憧れを煽り、複合企業のうわべを飾り立てます。 詳細をチェック

#29 バードマン

バードマンは、ランナーという言葉が生まれる前よりランナーとして走り続けていました。 初めは、ランナーであることが彼の生き方に合っていただけでした。ですが複合企業がガラスの街に変化をもたらし始めると、その生き方が脅かされていることを感じ、レジスタンスのためにランナーを始めました。 バードマンの行動は他の者たちを啓発し、やがて組織が生まれました。 今もランナーとして走ることはありますが、既に最盛期はとうに過ぎ、物思いに耽る事と鳩に餌をやる事により多くの時間を割いています。 詳細をチェック

#30 ビートL.E.を設置しよう

街でスリル満点の宝探しをするために、ビートL.E.を配置しましょう。 別名「ビートロケーションエミッター」を、フレンドや他のランナーに見つけさせましょう。 ありふれた場所や、最高の腕利きでなければ見つけられない到達困難な場所に配置しましょう。 自分でロケーションエミッターを探しに行くこともできます。 詳細をチェック

#31 スタイリッシュなデザイン

清潔感のある未来的なビジュアルはユニークで、すぐに「ミラーズエッジ カタリスト」のものだと分かります。 また、ガラスの探索を進めていくと、様々な環境を目にします。

#32 クルーガーセック警戒網から逃れよう

クルーガーセックのメンバーは秩序を乱そうとする人物に常に目を光らせており、危険な脅威だと判断されると、クルーガーセック警戒網が発動します。 警戒中は、クルーガーセックの部隊、ガンシップ、VtoL、さらにハンタードローンにも狙われます。

#33 シフトをマスターしよう

ランナーを究めたければ、シフトを練習しましょう。 この動きによって、さらにスピードを出し、好きな方向への横移動が可能になります。 走りながら直角のカーブに差し掛かったら、少しだけカーブの方向を向いてサイドシフトを使うことで、より鋭角なターンが可能です。 詳細をチェック

#34 CHVRCHESの「Warning Call」

スコットランドのエレクトロポップトリオCHVRCHESが「ミラーズエッジ カタリスト」のために素晴らしいポップチューンを提供し、ゲームのサウンドトラックに参加してくれました。 「Warning Call」はバンドの最高傑作の一つです。 「ミラーズエッジ カタリスト」の物語についてもっと学ぼう

#35 ジップラインを使おう

ガラスの屋上間をジップラインで駆け抜ければ、最高のスピード感と自由が味わえます。 ワイヤーを降下して素早くトップスピードに達したら、着地の勢いでクルーガーセックも片付けてしまいましょう。

#36 フォーカスを維持しよう

走り続けることが、生き残るための鍵です。 フリーランニングによってフォーカスが得られ、フォーカスシールド発生中はフェイスが敵の攻撃を受けなくなります。 フォーカスは低速での移動や攻撃を受けた際に失われるため、トラバースによる回避と直接攻撃のバランスが重要になります。 詳細をチェック

#37 銃は使わない

使える武器はフリーランニングと格闘のスキルだけです。皆さんがお求めの、手強い一人称視点のチャレンジが待ち受けています。 銃はフェイスのやり方ではありませんし、クルーガーセックがどれほど危険な相手だろうと、彼女にそんなものは必要ないとすぐに分かるはずです。

Sky City

#38 スカイシティ&シャード

複合企業の創造的建築が生んだ究極の到達点たるスカイシティは、空高くそびえ立ちます。そして、必要な犠牲を払う意志のある者には報いがあるということを、人々に思い出させます。 3Dマップでシャードを探そう

#39 ドーゲン

「ミラーズエッジ カタリスト」の序盤で、フェイスにはドーゲンに大きな借りがあると分かります。 彼のことをよく知っていくと、ブラックマーケットと密輸業を牛耳るこの大物が、金と悪ふざけをこよなく愛していることが見えてきます。 街で繰り広げられる勢力争いには、安定した収入をもたらしてくれるという一点を除いて何の関心も抱いていません。 受けた仕事は必ず果たしますが、ドーゲンにとって大切なのは自分のみです。 詳細をチェック

Runner Tag

#40 ランナータグをデザインしよう

自分の存在をアピールしましょう。 ビルボードハッキング時と、ランキングに入った際には、自分のランナータグが表示されます。 オリジナルのランナータグ作成は、mirrorsedge.comにアクセスするか、「ミラーズエッジ コンパニオン」アプリで行えます。紋章、背景、様々な形を使って傑作に仕上げましょう。

#41 グリッドノードへの侵入

ハイテク情報化社会のガラスでは、膨大な量のデータが絶えずグリッドを行き交っています。 このデータの全ては「グリッドノード」と呼ばれる巨大なルーターハブを通って移動します。 危険かつ人間のアクセスを想定していない異質な内部に入り、グリッドノードに侵入することは、ランナーのスキルを示す究極の手段となっています。 あなたは達成できるでしょうか?

#42 オムニスタット・トンネルを探索しよう

ガラスの地下に巨大なトンネルが広がっていることは、あまり知られていません。これは、かつてオムニスタットの大規模な脱塩工場の一部だったものです。 地下に広がるこのトンネル網の全貌を知る者は誰もいません。 一般のエンプロイは全ての入り口の使用を禁止されており、クルーガーセックの社員ですら近づくことは稀です。 ただし、ランナーなら入口を見つけられるかもしれません… 詳細をチェック

#43 ミラーズエッジ コンパニオン

ランナーは極めて活動的です。 「ミラーズエッジ コンパニオン」があれば、外出先にも「ミラーズエッジ カタリスト」の世界を持ち運べます。 ゲームの発売と同時に、Android、iOS、Windows Phone版が配信開始となるこのコンパニオンアプリでは、ランナープロフィールとリンクさせることでゲームの進行状況、カスタマイズ、ゲームニュースを確認できます。

Hack a billboard

#44 ビルボードをハックしよう

企業プロパガンダとクルーガーセックの支配を打ち破りましょう。 技術のあるランナーなら、ビルボードまでたどり着き、そこに表示されている内容を変えられます。 自分のランナータグを表示させましょう。 詳細をチェック

#45 ウォールラン

見事に決まったウォールランほど、アクロバティックな気持ちを味わえるものはありません。 もちろん、ゲームをある程度進行することで解除されるダブルウォールランは別ですが。

#46 イカロス

闘争心が強く、他人と慣れあわないイカロスは、技術と鼻柱の両方でフェイスと良い勝負の相手です。 どちらもノアの関心を引くことに執心しており、街で一番のランナーの座をめぐり争っています。 詳細をチェック

#47 イースターエッグを見つけよう

これは何かの手がかり? いいえ、違います。 ぜひイースターエッグ探しを楽しんでください。

#48 自由自在な操作

フェイスの動きは直観的で覚えやすく作られています。 それでも、完璧にマスターするには時間を要します。 「ミラーズエッジ™ カタリスト」では滑らかな動き、そして思考、手先、コントローラーの連携がカギとなります。 詳細をチェック

Rebecca

#49 レベッカ

「ミラーズエッジ カタリスト」の物語を通して、プレイヤーはガラスで数多くの人物と出会います。 その1人がブラック・ノベンバーのリーダー、レベッカ・セインです。 かつては理想主義者で社会正義を掲げていたレベッカでしたが、11月暴動で多くの友を失って以来、復讐に突き動かされるようになりました。

#50 ショックプロテクターと戦おう

屈強なショックプロテクターは、直接攻撃に対して極めて高い耐性を備えています。そこで、プロのアドバイスをご紹介します。 動き続け、ワールド内を移動しながら推進力を利用して攻撃すること。 地上ではシフトで攻撃をかわし、背後からキックで反撃しましょう。 詳細をチェック

#51 アンカー

グラスでも特に裕福なエリアであり、やがてはカスカディア随一の高級ショッピングセンターとなります。 アンカーはまさに、複合企業の提示する生き方の象徴です――となれば、ランナーたちが抱いている感情も想像がつくでしょう。 詳細をチェック

#52 ガーディアンを倒そう

比較的弱い敵を相手にするのも、良い気分転換になります。 ランナーはクルーガーセックと何年も戦ってきましたが、まだ日の浅いメンバーでも倒せる相手です。

Echoes

#53 エコー

エコーは他のランナーの姿を表したもので、街での移動の様子が分かります。 タイムトライアルに挑戦すれば、他のプレイヤーの走る様子がエコーとして表示され、他のプレイヤーには自分のエコーが表示されます。 カスタマイズで自分だけの個性的なエコーを作りましょう。 エコーについてもっと学ぶ

#54 旧友に会おう

ノーマッドは屋上を生活の場としていますが、ランナーではありません。 自ら外れ者となることを選んだ芸術家で、手にしたスプレー缶とユーモアのセンスを武器に、複合企業に対して彼なりのささやかな戦いを挑んでいます。 長年に渡るフェイスの親しい友人です。 詳細をチェック

#55 ランナーキット

ランナーキットは、「ミラーズエッジ カタリスト」の進行によって解除できる、ゲーム内コンテンツが入ったバッグです。 キットではカスタムエコーやランナータグ用の新しいレイヤーが入手でき、プロフィールのカスタマイズの幅がさらに広がります。 ゲームを進行し、様々な実績やトライアルをクリアすることで、こうしたキットが集められます。

#56 プラスティックに会おう

ガラスで一番の腕利きプログラマーが何者なのか、フェイスもはじめは知りません。 あまり社交的な性格ではないプラスティックですが、この新しい仲間はランナーたちにとって大きな力となります。

Kuma

#57 …そしてもちろん、クマにも

クマはプラスティックが温めている意欲的なプロジェクトから生まれました。 進化するAIコアを搭載したこの小型ロボットは、数年を費やして作られましたが、猟奇的なまでに気まぐれなその性格にまだまだ改善の余地があります。

#58 パイプスイングをしよう

推進力を維持しながら鋭いターンが行える、優雅な技です。 パイプスイングを極めれば、マスターランナーの気分を味わえます。

Runner's Vision

#59 ランナービジョン

赤をたどりましょう。 自分で、またはミッションによって起動するランナービジョンは、前方のオブジェクトをハイライトして、プレイヤーを正しい方向に導きます。 (ランナービジョンはオフにできますので、ハードコアランナーの方もご心配なく)詳細をチェック

#60 景色を楽しもう

オーシャン・ガラス・ビュー地区を走る時は、推進力を失う危険が付きまといます。 「将来有望」な市民が暮らす高級住宅エリア「ビュー」には、美しい景色が広がっています。 ランナーはくれぐれも気をそらさないように。 詳細をチェック

#61 秘密のエリアを発見しよう

ガラスの街のあちこちには、何かが隠されています。 隅々まで調べて秘密のエリアを探しましょう。努力の価値はあります。

Enforcer

#62 エンフォーサーと戦おう

エンフォーサーはクルーガーセックの特殊部隊で、戦術的なポジショニングや遠距離戦で高いダメージを与える訓練を受けています。 ですが、近距離戦についてはさほど訓練を受けていません。 詳細をチェック

#63 造成ゾーンGを調査しよう

造成ゾーンGの地下には、オムニスタット時代の名残りの巨大トンネル網が広がっていると噂されていますが、クルーガーセックはこれを強く否定しています。

Drone

#64 ドローンに乗せてもらおう

街の監視システムを利用して、スタイリッシュに移動しましょう。 やってみたいでしょう?

「ミラーズエッジ カタリスト」を確実に手に入れよう